京都やまちやの美撰なたまめ茶に含まれている主な栄養成分

京都やまちやの美撰なたまめ茶に含まれている主な栄養成分

京都やまちやのなたまめ茶には、どのような栄養成分が含まれているのでしょうか?
気になる悩みに効く栄養素が含まれていれば助かりますね。

 

なたまめにしかない栄養がたっぷり

 

なたまめ茶には色々な栄養素が豊富に含まれています。
代表的なものはカナバニンとウレアーゼ、コンカナバリンAです。
アミノ酸の一種であるカナバニンには、膿を排出しやすくしたり、炎症を抑えたりする働きがあります。
膿取り豆と呼ばれるほど排膿作用があり、昔から歯槽膿漏や蓄膿症の改善に利用されてきました。
ウレアーゼは衰えた腎機能を活性化させて、体内にある毒素の排出を促し、むくみの改善や関節痛を緩和する効果があります。
このウレアーゼは体内にも存在している酵素の一つですが、加齢などで減ってしまいます。
なたまめ茶を飲むことで、ウレアーゼを補うことができます。
コンカナバリンAも腎機能の働きを高める作用があり、なたまめだけに含まれているタンパク質です。
ウレアーゼとコンカナバリンAを同時に摂れるので、腎臓が弱っている人にオススメです。
加熱しても壊れにくいので、なたまめ茶をホットで飲んでも摂取できます。

 

健康食材をブレンド

 

元々ミネラルやポリフェノールが豊富に含まれていますが、京都やまちやのなたまめ茶は、健康にいいとされている食材がブレンドされてあります。
玄米と黒豆、ハブ茶と桑の葉がプラスされています。
玄米や桑の葉にはビタミンやミネラルが多く含まれているので、なたまめ茶の効果をより得られるでしょう。
アントシアニンが豊富な黒豆を加えることで、なたまめ茶のポリフェノールとタンニンの抗酸化力を強化しています。
タンニンには殺菌や消臭効果もあり、口臭や歯周病の予防になるでしょう。
さらに、肌を引き締めてくれるので女性には嬉しい効果ですね。
サポニンは脂肪の吸収を抑制する働きがあるので、ダイエット中に飲むのもいいでしょう。

 

京都やまちやのなたまめ茶には、なたまめ特有の栄養素やミネラルが豊富です。
日々の生活に取り入れてみませんか?

 

 

京都やまちやの美撰なたまめ茶

京都やまちや,美撰,なたまめ茶,栄養成分

京都やまちやの美撰なたまめ茶の詳細を確認