京都やまちやの美撰なたまめ茶を美味しく楽しむための飲み方

京都やまちやの美撰なたまめ茶を美味しく楽しむための飲み方

京都やまちやのなたまめ茶を美味しく楽しめるような飲み方があれば続けやすいですよね。
どのような飲み方があるのでしょうか?

 

ホットでもアイスでも

 

季節や好みに合わせて、なたまめ茶の淹れ方を変えましょう。
急須やマグカップにティーバッグ1包か2包を入れて、熱湯を注いで2分から3分ほど蒸らせば、美味しいなたまめ茶が簡単にできます。
事前にお湯でマグカップや湯呑みを温めておくと、より美味しく香ばしい香りを楽しめます。
暑い日にホットでは飲む気になれない時もあるかもしれません。
京都やまちやのなたまめ茶はアイスでも美味しく飲むことができます。
ポットに1リットルの軟水とティーバッグ3包を入れ、冷蔵庫で2時間から3時間ほど冷やせば水出しなたまめ茶の完成です。
寝る前などにあらかじめ作っておけば、飲みたい時にすぐ飲めるので便利ですね。
味が薄すぎたり、濃すぎたりした場合は水の量を調節してください。
冷蔵保存で3日以内に、できれば作ったその日のうちに飲み切る方がいいでしょう。

 

効能を重視するなら煮出し

 

なたまめ茶は焙煎されたお茶なので、煮出すことで香ばしさがより引き立ちます。
香ばしさだけではなく有効な成分も出やすくなるので、より効果も期待できるでしょう。
そのままホットで飲んでも美味しいですし、冷蔵庫で2時間から3時間ほど冷やしてから飲んでも美味しいです。
氷を入れて冷やしてもいいのですが味が薄くなってしまうので、その分濃い目に淹れてください。
温かい方が歯茎や扁桃に有効な成分のカナバニンが吸収されやすいので、排膿作用を期待して飲む人は温かいまま飲む方がいいでしょう。
美味しいとはいえ、毎日同じ味だと飽きてしまうこともあるかもしれません。
レモンを加えたり、牛乳を入れたりして味に変化をつけてみましょう。
アルコールを飲む人は、焼酎をなたまめ茶で割って飲むと二日酔いになりにくいのでオススメです。

 

なたまめ茶は健康にいいとはいえ、義務感で毎日飲むのは飽きてしまいます。
季節や好み、その時の気分に合わせて美味しく飲みたいですね。

 

 

京都やまちやの美撰なたまめ茶

京都やまちや,美撰,なたまめ茶,飲み方

京都やまちやの美撰なたまめ茶の詳細を確認