歯槽膿漏対策に京都やまちやの美撰なたまめ茶がおすすめ

歯槽膿漏対策に京都やまちやの美撰なたまめ茶がおすすめ

京都やまちやのなたまめ茶を飲むことで、歯槽膿漏対策ができます。
何故なたまめ茶で歯槽膿漏対策ができるのでしょうか?
単なる民間療法ではなく、きちんとした理由があるのです。

 

歯槽膿漏は早めに対策を

 

歯槽膿漏は早い人は30代から起こります。
歯茎から血が出たり、赤く腫れて膿んだりするなどして、初めて気がつく場合が多いです。
放置すると、菌の毒素が歯の周辺組織にまで炎症を起こし、歯がぐらついて最終的には抜けてしまいます。
菌が歯茎から血管を通じて全身にまで行くと、血糖値が上がったり血栓ができやすくなったりします。
糖尿病や心筋梗塞、肺炎など色々な病気を誘発しやすくなるのです。
また、歯を失うことで噛み合わせが悪くなり、頭痛や肩こりの原因にもなります。
認知症の進行が早くなるという説もあるので、自覚症状が出る前から歯槽膿漏対策をしていきたいですね。
昔から蓄膿症や歯槽膿漏には、なたまめ茶がいいと言われています。
なたまめ茶を飲んで歯槽膿漏対策をしませんか?

 

なたまめ茶が歯槽膿漏に効く理由

 

なたまめ茶には抗菌、抗炎症作用のあるカナバニンが含まれていて、歯茎の腫れや出血を抑えてくれます。
カナバニンには排膿作用もあるので、歯槽膿漏の改善が期待できます。
さらに、血行と代謝の促進作用で、膿だけではなく毒素を排出するのを助けてくれます。
歯槽膿漏を防ぐには、口腔内の悪玉菌を増やさないことも大切です。
なたまめ茶に含まれているコンカナバリンAが、免疫力を高めるので口の中の善玉菌を優位にしてくれます。
丈夫な歯を維持するのに必要なリンとマグネシウムが、なたまめ茶に含まれています。
リンが不足すると歯槽膿漏になりやすいので、飲み続けていきたいですね。
なたまめ茶を飲み続けて1年くらいの人で、歯茎の出血も痛みも治まったという報告があります。
歯磨き剤にもなたまめの成分が配合されるほど、歯槽膿漏や口臭に対して効果が期待できるものです。
歯科医院によっては歯石や歯垢を取り除いたあと、なたまめエキスで洗浄することがあります。

 

京都やまちやのなたまめ茶を飲んで歯槽膿漏対策をしましょう。
若いうちから早めに対策しておけば安心です。

 

 

京都やまちやの美撰なたまめ茶

歯槽膿漏対策に京都やまちやの美撰なたまめ茶がおすすめ

京都やまちやの美撰なたまめ茶の詳細を確認